So-net無料ブログ作成
検索選択

<記事を読む前に…>
このブログを読んで、多くの人がパチンコってくだらないって思うことを願う。
そして、現実に気づき止める人、パチンコに手を出さない人が増えて欲しい。
パチンコは私の人生を大きく狂わせ、そして、狂わせ続けています。
家族を失い、大金を失い、時間を失い、生命も失い…
そんな人増え続けていいはず無い!!
依存症に陥っている私は、(韓国のように)法律が止めてくれるまで止められそうにない。
パチンコ人口が激減し、パチンコなるものが日本から消える事を切に願う。
その日まで、勝てば喜び、負ければ嘆く!そんな愚かな日々の繰り返しを笑ってください。
パチンコによる喜怒哀楽。そして最終的に不幸に陥ってる実態を実感してください。

そして、手を出さないでください…

過去の記事をたまに見返すと…
ホント自分の愚かさに笑える。パチンコ店への恨めしい内容(笑)!!
いやいや、自分が悪いんですよ。パチンコ店は営利目的、慈善事業じゃ無い。
お客に負けてもらってナンボの世界
依存症にかかってしまった自分が悪い。どこまで落ちていくのか
自分だけ狙われているような被害妄想! そんなことはきっと無いのに…

「結局はパチンコしてる私が一番悪い」

と分かっているが、「やめられない」 のが依存症…

メルカリに現金出品はパチンコ依存症をターゲットにした商売??? [パチンコ日記]

最近巷で話題のメルカリでの現金出品? ヤフオクだったかな? よく知らん。

でも、現金を出品して何になるの?って思う人が多いはず。

例えば、10万円の現金が12万円で出品されていて普通の人が買う?

買うわけ無いですよね。 明らかに損するのは分かってる訳ですからね。

でも、すぐに現金を欲しい人にはこのシステムはありがたいわけ。

例えば、パチンコ依存症にはこのシステムは神からの授けものに思えるだろう。

パチンコは現金でしか遊べない。 これは当然の話であるわけだ。

じゃぁ、パチンコしたければ現金を手にいれるしかない。

でも、パチンコ依存症の大半はカードローンの限度額いっぱいまで借りていて、

現金を引き出すことが出来ない。 

一方比較的緩いのがクレジットカードの限度額ってわけだ。 ここまで言えば…?

そう、現金欲しいけど、ローン限界orブラックな人にとっては、

比較的緩いクレジットカードの使用限度額を使って、現金を手にいれる事が出来る。

それで現金を手にいれれば、パチンコが出来てしまうわけです。

そんなバカな人居るの? なんどもいいますがパチンコ依存症は恐ろしい病気。

人に嘘をついてでも、他人の金でも、借金してでもパチンコしたくなる病気。

脳が完全に犯されています。 私もですが… まぁ、なんとか生計保ってます。

こういう人にとっては、現金をすぐに得て一時の快楽におぼれられる良い機会。

でも、こういう商売思いつくって人は、人間の心理を良くよんでる人だよね。

確実にパチンコ依存症ターゲットの商売だけど…

このカード社会では、大概のものはクレジットカードで購入出来るわけだから。

nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パチンコ

nice! 2

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: