So-net無料ブログ作成
検索選択

<記事を読む前に…>
このブログを読んで、多くの人がパチンコってくだらないって思うことを願う。
そして、現実に気づき止める人、パチンコに手を出さない人が増えて欲しい。
パチンコは私の人生を大きく狂わせ、そして、狂わせ続けています。
家族を失い、大金を失い、時間を失い、生命も失い…
そんな人増え続けていいはず無い!!
依存症に陥っている私は、(韓国のように)法律が止めてくれるまで止められそうにない。
パチンコ人口が激減し、パチンコなるものが日本から消える事を切に願う。
その日まで、勝てば喜び、負ければ嘆く!そんな愚かな日々の繰り返しを笑ってください。
パチンコによる喜怒哀楽。そして最終的に不幸に陥ってる実態を実感してください。

そして、手を出さないでください…

過去の記事をたまに見返すと…
ホント自分の愚かさに笑える。パチンコ店への恨めしい内容(笑)!!
いやいや、自分が悪いんですよ。パチンコ店は営利目的、慈善事業じゃ無い。
お客に負けてもらってナンボの世界
依存症にかかってしまった自分が悪い。どこまで落ちていくのか
自分だけ狙われているような被害妄想! そんなことはきっと無いのに…

「結局はパチンコしてる私が一番悪い」

と分かっているが、「やめられない」 のが依存症…

(質問)浜松市でパチンコ・パチスロの出る店はどこですか? (答え)ありません… [パチンコ日記]

浜松市のパチンコ店はホントに出ないですね。

コンコルド、ABC、マルハンどれをとっても出てる気がしません。

お隣豊橋にあるベガスタウンというところに何回か行きましたがそっちのほうが出てる。
(記憶に新しいのがサラリーマン番長での万枚突破!)

しかも、浜松市の場合は消費税増税の煽りを受けて、換金率が等価じゃなくなった。

私の行動範囲にあるパチンコ店全てが出てないので、パチンコ=大損の構図が出来上がってる。

さすがに何時間もかけて、出る店に行くかと言われると行かないですよね?

だから、私がこの地区に住んでいる以上大負けをする宿命ということなのでしょう。

今年ももうすでに50万円近く負けてますね… 年間100万円の負けはかたい。

昨年も150万円以上負けている。 今年のほうが少しマシな感じはするかな?

しかも、勝てない店のABC森田店さんと、コンコルド浜松雄踏店さんへの訪問回数が多い。

自分でなぜ勝てないのに行くかを分析すると、

有名チェーン店であること。店舗が大きいこと。宣伝でよく見かけること。 が考えられる。

この要素が、戦績にかかわらず出るんじゃないかという錯覚を起こさせているのは間違いない。

結果を見ても分かるとおり、この2つの店舗の勝率が圧倒的に悪い。

すなわち、統計的に見れば、この店舗2つは出ていないということ。

しかし、お客さんの入りを見ると、

ABC森田店>コンコルド浜松雄踏店=マルハン若林店>ローレルしとろ店

となっていることは間違いない。 

いわゆる私と同じように実績ではなく、知名度、宣伝力、想像で他の人たちも行動している。

店舗内をグルっと回ってみれば分かるが、客の入りの割りに一番出てないのがABC森田店さん。

きっと、この店の常連さんは私以上に負け続けていると思われる。

何せ私この店に行っても週に1回か2回ですが、すでに40万円負けを記録しそう。

今年の負けの大半はこのABC森田店さんが原因で増え続けている。

浜松市のパチンコファンは悲惨な目にあっているとしか思えない。 出る店がない。

少なくとも西区・南区周辺ではまともに遊べる店舗がない。 回収が基本となっている。

パチンコ依存症患者がなぜパチンコをし続けるか?

私みたいに収支をつけていれば、パチンコという遊びは1年間週末通えば、

100万負けすることはほぼ確実な遊びだということは分かっている。 ならなぜ通うのか?

5万円ぐらい勝てるだろう。 今日は勝てるだろう。 チョイお金増やそうかな?

そんな思いが作用していることが自分の行動から言える。

そう考えているときは、負けることなんて想像しない。 昔出した万枚の記憶…

それが強く残っていて、またあの快感を味わえるんじゃないか? そして行ってしまう。

結果は悲惨なもの… 左上に実績を掲載しているがパチンコってこういうものなんです。

勝てない遊び。 特にこの浜松市ではその色が濃い。 客を馬鹿にしているとしか思えない。

この浜松市に引っ越してきてからホントに勝つことがなくなった。

名古屋に住んでいたときは年間を通して、勝ちになることだってあったのに…

本当にこの浜松市ってパチンコ依存症患者の住み難い街です。

nice!(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: