So-net無料ブログ作成
検索選択

<記事を読む前に…>
このブログを読んで、多くの人がパチンコってくだらないって思うことを願う。
そして、現実に気づき止める人、パチンコに手を出さない人が増えて欲しい。
パチンコは私の人生を大きく狂わせ、そして、狂わせ続けています。
家族を失い、大金を失い、時間を失い、生命も失い…
そんな人増え続けていいはず無い!!
依存症に陥っている私は、(韓国のように)法律が止めてくれるまで止められそうにない。
パチンコ人口が激減し、パチンコなるものが日本から消える事を切に願う。
その日まで、勝てば喜び、負ければ嘆く!そんな愚かな日々の繰り返しを笑ってください。
パチンコによる喜怒哀楽。そして最終的に不幸に陥ってる実態を実感してください。

そして、手を出さないでください…

過去の記事をたまに見返すと…
ホント自分の愚かさに笑える。パチンコ店への恨めしい内容(笑)!!
いやいや、自分が悪いんですよ。パチンコ店は営利目的、慈善事業じゃ無い。
お客に負けてもらってナンボの世界
依存症にかかってしまった自分が悪い。どこまで落ちていくのか
自分だけ狙われているような被害妄想! そんなことはきっと無いのに…

「結局はパチンコしてる私が一番悪い」

と分かっているが、「やめられない」 のが依存症…

前の1件 | -

パチンコせずにやったこと(1) 小説読んで、昼ご飯はスシロー、後は家でゴロゴロ [パチンコせずにやった事]

パチンコをしない日、何をしようか非常に迷う朝。 これが依存症の現実。

行きたくなる気持ちが何度も襲うがそれを押し殺して生活。

とりあえず、小説に手を出してみた。 「世界から猫が消えたなら」

主人公が脳腫瘍で余命が短いことを医者に宣告される。

そこへ悪魔が現れて、明日死ぬことを告げられ、悪魔から契約を持ちかけられる。

世界から一つものを消せば寿命を1日延ばしてくれると…

そうして、一つずつものを消していき、猫を消すことを持ちかけられる。

主人公は猫を消されることよりも自分が消える事を選ぶ。

それまでの心の葛藤を描いた小説。 少し考えさせられる内容だが…

少なからず、パチンコ行こうかという葛藤からは解放されていた。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

世界から猫が消えたなら [ 川村元気 ]
価格:669円(税込、送料無料) (2017/5/7時点)




パチンコに無駄な時間を過ごしてきた自分。 明日死ぬと言われたらどうするか?

全財産でパチンコするのでしょうかこの際…

でも、私は人生を後悔するのでしょうね。 色々なことをやっとけば良かったと…

そうならないために少しずつですが別の事をやっていこうと思います。

話は変わりますが、お昼をスシローで食べました。 2千円使わずにお腹いっぱい。

何とも、お金というのは使い方次第で減らないものだなぁと実感。

今日でゴールデンウィーク最終日、残りは家でゴロゴロ、あと少し模様替え。

nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の1件 | -